出版情報


機関誌『東京の歴史教育』

 『東京の歴史教育』は、東京都歴史教育者協議会の機関誌で、毎年1回、歴史教育者協議会全国大会に合わせて刊行しています。東京都歴史教育者協議会が主催した各種集会・学習会などの講演記録、会員の研究発表・授業実践、各支部の紹介などを掲載しています。

 本会創設以来、途中、休刊もはさみながら刊行を続けています。詳細は各号の目次をご覧ください。

 近年刊行されたものには、まだ在庫がございます。お手数ですが、東京歴教協までご連絡ください。

 


【会員の皆さまへ】『東京の歴史教育』第46号の原稿募集(2017/1/4掲載)

 日頃の教育実践や教材研究など、ふるってご応募ください。

 執筆をお考えの方は、下記までご連絡をお願いします。なお、掲載の可否につきましては編集委員会で検討いたします。ご了承ください。

 

 内容:授業実践報告、教材研究、その他(バックナンバー参照)

 発行予定:2017年8月4日(全国大会1日目)

 原稿締切:2017年3月31日 厳守

 連絡先:東京歴教協事務局 tokyo.rekkyo1964@gmail.com

 

『東京の歴史教育』投稿の申し込み

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です


東京歴教協の図書

東京都歴史教育者協議会編『新版東京の戦争と平和を歩く』

東京都歴史教育者協議会編『新版東京の戦争と平和を歩く』

平和文化 2008年 2100円 181ページ  21×14.8×1.2cm

 

 銃弾跡のなまなましいコンクリート建物。崩れかけた古い木造建築。焼け跡の痛々しい墓石や街路樹。路傍に建つ石碑や石仏など、その一つ一つに、戦争の記憶であったり平和をたたかいとった人びとの勝利の記念が刻み込まれています。

 本書を片手に、東京の戦争と平和を刻んだ遺跡をまわってみませんか?東京の修学旅行や校外学習に最適です。生徒の事前学習にもご活用ください。

東京都歴史教育者協議会編『おはなし東京の歴史』

東京都歴史教育者協議会編『おはなし東京の歴史』

岩崎書店  2008年  1890円  198ページ  26.2×18.4×5cm

 

 東京に大きな前方後円墳がいくつも築かれていたという話。数万の軍勢に囲まれて悲劇の最期を迎えたお城の話。ダムに沈んだ悲しい村の話。この本には、あまり知られていない東京の歴史がたくさん載っています。ぜひ、この地に生きた人々の声に耳をかたむけてみてください。

 小・中学生~一般向き